【美品】 ピエール・ボンコンパン「黄色い花」-石版画(リトグラフ)

【美品】 ピエール・ボンコンパン「黄色い花」-石版画(リトグラフ)


作品名黄色い花
作 者ピエール・ボンコンパン
額付サイズ約73cm×64cm  絵サイズ53cm×44cm
技 法

◆リトグラフ◆

リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏が発明したもので、石や金属版を使用した版画の手法の一つです。

特定の石や金属の平面上に、石や金属版を油性の画材で描いた後、水と油の反発性を用いて版をつくり、石や金属版を描画された油の部分のみインクを付着させ、紙をのせて刷っていきます。

豊富な色のリトグラフは、一色につき一版ずつ必要なので、色分解された版をつくる作業を繰り返し、重ねて刷りあげていくのです。

重厚な表現もでき、版画の主流的技法になっています。

【美品】 ピエール・ボンコンパン「黄色い花」-石版画(リトグラフ)

【美品】 ピエール・ボンコンパン「黄色い花」-石版画(リトグラフ)